東芝と携帯電話事業を統合、富士通のガラパゴス戦略


 高機能化が行き過ぎ、世界市場の需要から乖離した日本の携帯は“ガラパゴス”と揶揄される。国内首位のシャープでさえ、世界シェアは0・9%にとどまる(ガートナー、10年2月調べ)。

MM総研の横田英明アナリストは「国内は伸びないうえ、アイフォーンなど海外メーカーの進出も目立つ。海外へ攻めることが必要」と指摘する。

実際、NECカシオモバイルコミュニケーションズは、北米を中心に12年度の海外比率4割を目標に掲げる。シャープも中国を深耕し、同市場で年間500万台(09年度は約100万台)の販売を目指す構え。

富士通も規模拡大で海外を狙うと思いきや、「当面、海外は様子見。国内で首位になることが先決」(富士通)。

国内での安住か、海外への挑戦か。その答えが出る日は遠くない。

■富士通の業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作、山田雄大 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2010年7月3日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT