サムスン、米空調機器販売会社を買収

スマートシングスに続いてクワイエットサイドも

 8月19日、サムスン電子は、空調機器販売の米クワイエットサイドを買収したと発表した。写真はバルセロナで2月撮影(2014年 ロイター/Albert Gea)

[ソウル 19日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は19日、空調機器販売の米クワイエットサイドを買収したと発表した。サムスンは、家庭内のさまざまな電化製品を携帯型デバイスで制御することを可能にする「スマートホーム」事業の強化を進めており、今回の買収もその一環。

同社は先週、家庭内の機器の監視、制御、自動化を可能にするプラットホームを提供する米新興企業スマートシングスの買収を発表したばかり。

サムスンの広報担当者は、クワイエットサイドの全株を取得したと明らかにしたが、買収額は公表していない。クワイエットサイドは米国内に500前後の店舗を展開し、家庭および企業向けに空調機器を販売している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。