【産業天気図・精密機器】事務機の法人需要底打ち、デジカメも回復鮮明、1年通じて「晴れ」の稼ぎ時

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

 精密機器業界は2011年3月まで、終始「晴れ」の活況となりそうだ。事務機などの法人需要が底を打ち、ゆるやかに上向き始めた。デジタルカメラも回復鮮明で、特に一眼レフの動きが強い。

キヤノン<7751>やリコー<7752>、コニカミノルタホールディングス<4902>など事務機を柱とするメーカーはいずれも、オフィス機器の需要は底を打ったとみている。12月決算のキヤノンは第1四半期(1~3月期)を終え、オフィス部門(複写機やプリンター機器など)の売り上げ計画を2兆430億円に引き上げた(期初のオフィス部門の計画は1兆7610億円)。アジアに続き米国でも、カラー複合機やレーザープリンターの受注が想定を上回っている。

従来オフィスで使われてきた事務機に加え、「商業印刷機」の市場も確実に立ち上がりつつある。商業印刷機は、複合機の出力スピードや色再現性を高めた、1台あたり数千万円以上の高額の印刷機だ。カタログやダイレクトメールといった業務用の印刷物に使われる。多品種少量印刷を得意とし、個人名入りなどでよりメッセージ性の高い印刷物を作成できる。

IT調査会社、ガートナージャパンによれば、商業印刷機(機械・消耗品販売)の世界市場規模は4000億円程度。米国に続き、日本や欧州ではこれからの成長が見込まれる。キヤノンは4月にオセ社(オランダ)を連結化し、手薄だった高速機のラインナップを拡充した。商業印刷でシェア4割と先行する米ゼロックスグループの背中を追う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT