【産業天気図・精密機器】事務機の法人需要底打ち、デジカメも回復鮮明、1年通じて「晴れ」の稼ぎ時

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

 精密機器業界は2011年3月まで、終始「晴れ」の活況となりそうだ。事務機などの法人需要が底を打ち、ゆるやかに上向き始めた。デジタルカメラも回復鮮明で、特に一眼レフの動きが強い。

キヤノン<7751>やリコー<7752>、コニカミノルタホールディングス<4902>など事務機を柱とするメーカーはいずれも、オフィス機器の需要は底を打ったとみている。12月決算のキヤノンは第1四半期(1~3月期)を終え、オフィス部門(複写機やプリンター機器など)の売り上げ計画を2兆430億円に引き上げた(期初のオフィス部門の計画は1兆7610億円)。アジアに続き米国でも、カラー複合機やレーザープリンターの受注が想定を上回っている。

従来オフィスで使われてきた事務機に加え、「商業印刷機」の市場も確実に立ち上がりつつある。商業印刷機は、複合機の出力スピードや色再現性を高めた、1台あたり数千万円以上の高額の印刷機だ。カタログやダイレクトメールといった業務用の印刷物に使われる。多品種少量印刷を得意とし、個人名入りなどでよりメッセージ性の高い印刷物を作成できる。

IT調査会社、ガートナージャパンによれば、商業印刷機(機械・消耗品販売)の世界市場規模は4000億円程度。米国に続き、日本や欧州ではこれからの成長が見込まれる。キヤノンは4月にオセ社(オランダ)を連結化し、手薄だった高速機のラインナップを拡充した。商業印刷でシェア4割と先行する米ゼロックスグループの背中を追う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。