「アコード」のエアバッグ問題、調査が本格化

米当局、予備調査から技術的解析に格上げ

 8月4日、ホンダ「アコード」のエアバッグ問題で、米道路交通安全局は技術的な解析に調査を格上げした。写真は同社のロゴマーク。都内で2013年1月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[デトロイト 4日 ロイター] - ホンダ<7267.T>の「アコード」セダンで、ドアを過度に強く閉めると、エアバッグが作動する恐れがあると、300件近い苦情があったことを受け、米道路交通安全局(NHTSA)は推計33万5195台について、これまでの予備調査から技術的な解析に調査を格上げした。

対象は2008年4ドアモデルで、NHTSAが1日、オンライン上に掲載した文書で明らかにした。メーカーが安全上の問題に対処する必要があると判断すれば、リコール(回収・無償修理)が実施される可能性もある。

NHTSAは、運転席か助手席側のエアバッグが想定外に作動した293件を特定、14人がけがを負ったとした。

NHTSAに寄せられた苦情によると、ユーザーが昨秋、ガソリンスタンドで停車し、婚約者が飲み物を買いにドアを閉めたところ、助手席側のカーテンエアバッグが作動し、9歳の子供を直撃、負傷したという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT