「アコード」のエアバッグ問題、調査が本格化

米当局、予備調査から技術的解析に格上げ

 8月4日、ホンダ「アコード」のエアバッグ問題で、米道路交通安全局は技術的な解析に調査を格上げした。写真は同社のロゴマーク。都内で2013年1月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[デトロイト 4日 ロイター] - ホンダ<7267.T>の「アコード」セダンで、ドアを過度に強く閉めると、エアバッグが作動する恐れがあると、300件近い苦情があったことを受け、米道路交通安全局(NHTSA)は推計33万5195台について、これまでの予備調査から技術的な解析に調査を格上げした。

対象は2008年4ドアモデルで、NHTSAが1日、オンライン上に掲載した文書で明らかにした。メーカーが安全上の問題に対処する必要があると判断すれば、リコール(回収・無償修理)が実施される可能性もある。

NHTSAは、運転席か助手席側のエアバッグが想定外に作動した293件を特定、14人がけがを負ったとした。

NHTSAに寄せられた苦情によると、ユーザーが昨秋、ガソリンスタンドで停車し、婚約者が飲み物を買いにドアを閉めたところ、助手席側のカーテンエアバッグが作動し、9歳の子供を直撃、負傷したという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。