エプソン、好業績を引っ張る意外なプリンタ

競合が尻込みする市場で"うまみ"を独占

2014年度第1四半期の決算会見に臨んだ濱専務

7月31日、決算発表会見に臨んだ濱典幸専務の表情は、終始にこやかだった。

それもそのはず。インクジェットプリンタ大手のセイコーエプソンが同日に発表した2014年度第1四半期(4~6月期)決算は、売上高が2462億円(前年同期比10.9%増)、営業利益が546億円(同7.4倍)という、極めて好調なものだった。

この数字には裏がある。同社は今年度からIFRS(国際会計基準)に移行した。その関係で、第1四半期は年金制度の改定に伴う費用の減少額(約300億円)が利益に上乗せされたなど、特殊要因の影響が大きかった。

それでも、売上高から原価や販売管理費を差し引いた事業利益(日本基準の営業利益に相当)は、前年同期比143.1%増の235億円と大きな伸びを見せた。

それでは何が足元の好調を牽引しているのか。その疑問について、濱専務はこう説明した。「(インクジェットの)大容量インクタンクモデルなどの数量増が増収につながっている」。

大容量タンク型が売れている理由

画像を拡大
新興国で売れている大容量タンクモデル。左側についているのがインクタンクだ

大容量タンクモデルは、交換式のインクカートリッジを使う一般的なインクジェットプリンタとは異なり、最初から大容量のインクタンクをプリンタ本体に備え付けたモデルだ。この製品をセイコーエプソンは新興国を中心に展開している。

2010年10月にインドネシアで発売して以来、売れ行きは右肩上がり。2013年度には、セイコーエプソンのインクジェット全体の2割に当たる販売台数270万台を記録した。現在では、世界130カ国まで販売エリアが拡大。2014年度は、販売台数をさらに6割増となる430万台程度まで引き上げ、全体に占める割合も3割まで高める計画だ。

次ページ伸びているのは台数だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT