山田孝之が「全裸監督」出演で確かめたかったこと

俳優以外でも活躍する多彩なクリエーター

俳優、映画監督、ミュージシャンなど幅広く活躍する山田孝之さん(写真:椙本裕子)
この記事の画像を見る(6枚)
挑戦し続ける「カッコいい大人」たちをクローズアップする今回の特集。最初に登場するのは、話題の作品に俳優として出演するだけでなく、自ら映画監督やプロデューサー、ミュージシャンとしても活躍するなど、社会に新鮮な驚きを与えつつ、クリエイターとしての可能性を広げ続ける山田孝之さんです。

さまざまな困難や環境の変化が続く現代で、覚悟をもって社会と対峙している「カッコいい大人」たちをクローズアップしていく特集「大人の“カッコいい”を取り戻せ」。第3シリーズは「挑戦し続ける大人はカッコいい」をテーマに、果敢に挑戦を続ける方々にお話を伺います。

本記事はLEON.JPの提供記事です

今回は『全裸監督2』(Netflix)や映画『はるヲうるひと』など話題の作品に俳優として出演するだけでなく、自ら映画監督やプロデューサー、ミュージシャンとしても活躍するなど、社会に新鮮な驚きを与えつつ、クリエーターとしての可能性を広げ続ける山田孝之さんの思いに迫ります。

文句が出ないような場を、自分たちで作ってくしかない

──山田さんは映画やドラマへの出演だけでなく、今回の「MIRRORLIAR FILMS」プロジェクト※をはじめ、映画監督、プロデューサーなど、俳優以外にも多くのことに挑戦されていますね。

山田:実は「挑戦」とか大きくは捉えてないんです。というのも自分を俳優という枠に入れたら、監督やプロデューサーをやるのは挑戦になるのかもしれないけれど、僕は芝居が好きなだけで「職業=俳優」とは思ってないんです。芝居が好きだからプロデューサーも監督もやるし、表現が好きだから歌も歌う。どんなことでも表現ができればいいという考えです。

それから、やりたくてやっていることもありますが、やらなきゃいけないからやっていることもあります。俳優として、共演者や同世代の俳優と話していると、どうしても疑問や不満が出てくるんです。それはやはりどこかに問題があるということ。

でも愚痴を言うだけじゃ何も変わらないからプロデューサーに言ってみるけれど、やっぱり変わらない。だったら文句が出ないような場を、自分たちで作ってくしかないと考えるようになりました。

※「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアー フィルムズ)」:誰もが自由に映像作品を創ることができるをテーマに、若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合して切磋琢磨しながら作品を作り上げる短編映画製作プロジェクト。6月に開催された「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」(SSFF&ASIA)に招待され、一部作品が上映された。
次ページ映画『ゾッキ』は労働基準をしっかり決めた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT