高校生も手を染める「日給10万円」闇バイトの実態

コロナ禍でバイトが集まりやすくなっている

聞き心地のいい言葉で誘い込み、悪の片棒を担がされる「闇バイト」。「1回だけ」という軽い気持ちで関わると抜け出せなくなるらしく……(写真:PicStyle/PIXTA)

「憧れのハイブランドのバッグが欲しい!」「コロナ禍でパートの日数も減って子どもたちの学費が厳しい」

お金が欲しい、そんな欲望は誰もが抱えているもの。

そんなときに、

おいしい仕事です!簡単!早い者勝ち》《日給10万円以上!短期間でまとまったお金を稼げますなんてメールが届いたら……

見てみるだけと思ってついクリックすると大変なことに。

“簡単な仕事”の誘い文句に注意を!

SNS上で“高収入”や“高額バイト”という誘い文句で募集しているのは、いわゆる『闇バイト』と呼ばれるものが多いのが実情。その正体は、高い報酬と引き替えに犯罪行為を行う人の募集です

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

そう語るのは、元・埼玉県警捜査一課刑事でデジタル犯罪に詳しい佐々木成三さん。

こうした仕事はメールで届くばかりではない。闇バイト 高収入」「裏バイト 即金などとキーワードを入れればSNS上で多くの怪しいバイトがヒットした。そこには10万以上》《安心》《簡単な仕事など聞き心地のいい言葉が並んでいる

だが、その実態は前出・佐々木さんが述べるように「犯罪行為」だ。

では、具体的にどのような悪の片棒を担がされるのか。

まずオレオレ詐欺や振り込め詐欺などの特殊詐欺で、電話をかける“かけ子”や高齢者宅に現金やキャッシュカードを取りに行く、いわゆる“受け子”の仕事。また、違法薬物の運び屋や、家に押し入って金銭を強奪する強盗の仕事まで募集しています」(佐々木さん、以下同)

特殊詐欺の場合、犯罪者グループが、受け子を募集する際は“物を受け取りに行くだけの簡単な仕事です”と巧妙な言葉で誘い込む。

犯罪グループとのやりとりは証拠が残らないようにメッセージが一定時間で自動的に消えるSNSを使うよう指示されます。そして面接が行われ、学生証や免許証など写真のついた身分証明書や自分の顔写真を送るように求められるのです

その後、実際に犯罪行為を行う仕事が「紹介」される。銀行員を装いキャッシュカードを騙し取ろうとする手口をもとに説明しよう。

決められた日時に、指定された高齢者宅に銀行のキャッシュカードを受け取りに行くよう指示されます。“あなたはアルバイトの銀行員として、偽名を伝えてカードを受け取ってください”と言われます

次ページ明らかに怪しそうだけど……
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT