太陽光発電に参入するパナソニックの勝算、後発でも自信満々のワケ

太陽光発電に参入するパナソニックの勝算、後発でも自信満々のワケ

ついにダークホースが動き出した。

急成長する太陽光発電システム事業に、7月1日からパナソニックが本格参入、国内住宅用での販売を開始する。太陽電池を自社生産していないパナソニックだが、子会社の三洋電機から太陽電池セルを調達し、パナソニックブランドで売る。

現在の国内順位はシャープ、京セラに続く3位(三洋の2009年度シェアは2割)。これを12年度にはグループシェア35%まで引き上げて首位獲得を狙う。

5月末の製品発表会では「業界で圧倒的なプレゼンスを獲得できる」(パナソニック電工の井戸正弘・常務取締役)と後発組ながら自信満々。その裏付けとなるのはグループが有する強力な販売網だ。

全国に展開する約2・1万店の系列電器店に加えて、関係が深い13万店もの住設建材、電器工事店網を積極活用する方針だ。02年に参入したエコキュート(電気給湯器)の拡販でも、この営業力が威力を発揮した。瞬く間にダイキン工業やコロナなどの先発を抜き去り、今では国内シェア約3割の首位を堅持している。

「彼らの地域密着型の営業網は脅威」と、ある太陽電池の競合メーカー幹部は言う。折しも、施工ミスによる雨漏りなど、太陽光発電に関する消費者相談は増加傾向にある。消費者の信頼獲得の意味でも、パナソニックのブランド力と販売網は有効だろう。

低コスト化が課題

むしろ今後の課題は海外展開だ。国内需要の伸長がいわれるが、世界全体から見ると7%程度にすぎない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT