消費税率10%を許容する人が4割超--東洋経済1000人意識調査

消費税率10%を許容する人が4割超--東洋経済1000人意識調査

注目される消費税率の行方。意識調査では4割以上が10%への引き上げを許容できるとしている。鳩山内閣の仙谷行政刷新相(当時)が年初に、増大する社会保障費確保のために「20%でも追いつかない」と発言したが、20%を許容できる人は4%にすぎない。
(週刊東洋経済編集部)

■地域別クロス集計

■性別・年齢別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~60代男女 1000人(中学生は除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年5月10~12日※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【実査委託先】Yahoo!リサーチ

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT