消費税率10%を許容する人が4割超--東洋経済1000人意識調査

消費税率10%を許容する人が4割超--東洋経済1000人意識調査

注目される消費税率の行方。意識調査では4割以上が10%への引き上げを許容できるとしている。鳩山内閣の仙谷行政刷新相(当時)が年初に、増大する社会保障費確保のために「20%でも追いつかない」と発言したが、20%を許容できる人は4%にすぎない。
(週刊東洋経済編集部)

■地域別クロス集計

■性別・年齢別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~60代男女 1000人(中学生は除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年5月10~12日※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【実査委託先】Yahoo!リサーチ

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。