「上司は偉い」の勘違いが生む日本企業の重大欠陥

マネジャーはあくまでも「機能」にすぎない

もう1つ、コミュニケーションの観点で、ヒエラルキーが強いと情報伝達が自由でなくなる例を紹介します。

私は前職のプラスで、最終的に600人のカンパニーのバイスプレジデントになり、意思決定ラインにおけるナンバー2として事業全体を統括しました。そしてマーケティング本部長のときに、本部の全社員と1on1を行い、FLATな人間関係をつくって、その後もLINEやカカオトークなどでつながって、各支社のメンバーと自由なコミュニケーションを取っていました。

あるとき、私はとある施策で「厳しいけれど、これをやることで今の不調を乗り切るのだ!」という方針をWeb会議で全社員に伝えました。しっかり準備してロジックも整合させて感情にも配慮した施策に仕上がったと自分では考え、その発表を終えてほっとしていました。

「若手は総スカンだから」と怒りのメッセージ

そのとき、1通のカカオトークが入りました。それは、ある支社のメンバーからでした。

「バイス(当時の私はこう呼ばれていました)、あれはダメよ。支社みんな、とくに若手は総スカンだから!」

怒りのメッセージです。

「えっ?」と思った私は、ほかの支社でよくコミュニケーションを取っていたメンバーに聞いてみました。そうしたら同じ反応で「仕事へのモチベーションがなくなった」と。「まわりもそう言っている」と言うではありませんか。

「そうか……」と軽くショックを受けながら、そんな訴えがあったことは言わずに、意思決定ラインで私とつながる支社長に電話してみると……。

「支社はみな、伊藤バイスプレジデントの話されたことをそのとおりだ!と受け止めております」ときた。

「全然違うじゃない。裸の王様だな、自分は」と、このとき痛感しました。ヒエラルキーが強い組織では、ここに書いたようなことが起きやすくなります。こういう事態になるのがいいのか、それとも、耳の痛い情報も含めて、あらゆる意見が自由に行き来したほうがいいのか。

「自由に情報が行き来した結果、統制が取れなくなったらいかんだろ」と思う人もいるでしょう。いっていることはわからないでもないですが、それでは正直、リーダーとしては失格です。

次ページみんなの思いを聞いて改善策につなげる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT