物件内見中わいせつ事件に「賃貸業界」が戦慄の訳

不動産業界は30年前から変わっていないのか

エイブルはプレスリリースを出した

5月末、残念なニュースが不動産業界を駆け巡った。福岡市で起きた賃貸仲介会社社員による強制わいせつ事件だ。賃貸物件の空室という、周囲の目が届かない密室を利用した卑劣な犯行が明らかとなった。

事件は4月に起きていた。被害者は、物件探しのため容疑者の勤める店を訪れた26歳の女性だった。

当記事は「ウチコミ!タイムズ」(運営:ウチコミ)の提供記事です

その女性に対し、内見案内の途中、無理やりわいせつな行為をした疑いで、エイブル博多駅前店勤務の42歳の社員が5月26日に逮捕された。捜査員に前後を固められながら、任意同行のため店を出てくる容疑者を捉えた映像をテレビのニュースやインターネットでみたという人も多いだろう。

すぐに逃げられなかった被害女性

事件当日、被害者と容疑者の2人は3つの物件を巡っている。そのうち2つ目の部屋で容疑者は犯行に及んでいる。女性はなぜ、そのあとすぐに逃げ出さなかったのだろうか?

報道によれば、その理由について女性は、「住所や携帯電話の番号など、個人情報を渡していたので、逃げるのは怖かった」旨、語っているという。もっともなことだろう。女性はおそらく恐怖におびえながら、3件目の部屋の案内もおとなしく受け、その後、警察に被害を届け出ている。

一方、容疑者の方は、何か勘違いして調子に乗ったのか、内見終了後、女性に対しLINEアカウントの交換まで要求したということだ。

この事件を受け、エイブルは5月27日にリリースを行った。

今後、物件の内見案内をする際、従業員は「入室を控える」という。なおかつ、「おひとりでご来店された女性のお客様には、女性社員がご案内できる体制を整えてまいります」ともある。

次ページ実際「入室を控える」のはかなりの難題
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT