中国、モバイルアプリのポルノ取り締まりへ

検閲能力を高め、処罰のプロセスを改善

 7月22日、中国は、ポルノやわいせつなコンテンツを中心とするスマートフォン向けアプリを取り締まると発表した。写真は北京で掲揚される同国旗。3月撮影(2014年 ロイター/Petar Kujundzic)

[北京 22日 ロイター] - 中国政府は22日、ポルノやわいせつなコンテンツを中心とするスマートフォン向けアプリを取り締まると発表した。

共産党は昨年以降、ネット上のうわさやポルノへの取り締まりを強化している。批判的な人々は反政府的な発言を抑え込む目的があると指摘している。

工業情報省はウェブサイトで、モバイルアプリ上のポルノ取り締まりは、企業に自主的に不快なコンテンツを削除するよう促すことになるとの認識を示した。

同省は、ポルノやわいせつなコンテンツを含むアプリを検閲する能力を高め、処罰のプロセスを改善すると表明した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング