五輪延期で引退「世界一」選手のセカンドキャリア

アスリート経験を活かし引退後2カ月で即起業

東京五輪の延期もあり、現役引退を決めた外村さん。コーチングビジネスを通して見据えるビジョンとは(写真:赤澤昂宥)
この記事の画像を見る(7枚)

2007年、トランポリン競技の世界選手権で優勝し、2008年には北京オリンピックで4位入賞。その後も五輪への出場を目指して活動してきたが、東京五輪の延期が発表された2020年、現役引退を決めた外村哲也さん。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

外村さんのアスリートとしての活躍と葛藤を紹介した前編に続き、今回は引退後に始めて新たな挑戦について聞く。

引退後のセカンドキャリアを模索

引退を決め、発表したのは2020年6月。意外にも、現役引退への未練や悔しさはほとんどなかったという。むしろ制約の多いトップアスリートの生活から解放されて「少しほっとした部分もあった」そうだが、休む間もなくセカンドキャリアのための一歩を踏み出した。

頭の中には、すでにビジネスプランがあった。

「スポーツ界にとどまらず、世間一般を対象にビジネスしようとしたとき、僕が皆さんに提供できるものは何か。どう考えてもトランポリン向きではないメンタルの持ち主にもかかわらず、スランプを何度も乗り越えて世界一になれたことだと思ったんです。

人はそれぞれに目標を持ち、実現するために努力をしたり、壁にぶち当たったりしながら生きています。僕にはいくつもの壁を乗り越えてきたという自負がある。自分の『壁を乗り越える方法』そのものには汎用性がないかもしれないけれど、『乗り越える方法の見つけ方』なら、誰にでもまねしてもらうことができるんじゃないか、と」

現役時代、世界のトップ選手としのぎを削っていた外村さん(写真:本人提供)
次ページ自身の経験を通してコーチングの道へ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT