マイクロソフト、動画制作スタジオを閉鎖へ

自社でのコンテンツ制作を断念

 7月17日、米マイクロソフトは、家庭用ゲーム機「Xbox」向けの動画コンテンツ制作部門「Xboxエンターテイメント・スタジオズ」を閉鎖する方針だ。6月撮影(2014年 ロイター/Kevork Djansezian)

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - 米マイクロソフトは、家庭用ゲーム機「Xbox」向けの動画コンテンツ制作部門「Xboxエンターテイメント・スタジオズ」を閉鎖する方針だ。関係筋が17日、明らかにした。

同社はこの日、最大1万8000人の人員削減など大規模な事業再編計画を発表しており、同部門の閉鎖もこの一環という。

ネットフリックスが製作、配信したドラマ「ハウス・オブ・カーズ」が人気を集めるなど、ネット上での動画ストリーミングサービスが家庭でも浸透しており、ハイテク企業の間では自前でのコンテンツ制作を急ぐ動きが出ていた。

マイクロソフトが同スタジオを閉鎖すれば、自社でのコンテンツ制作を断念した初の大手テクノロジー企業となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT