マイクロソフト、動画制作スタジオを閉鎖へ

自社でのコンテンツ制作を断念

 7月17日、米マイクロソフトは、家庭用ゲーム機「Xbox」向けの動画コンテンツ制作部門「Xboxエンターテイメント・スタジオズ」を閉鎖する方針だ。6月撮影(2014年 ロイター/Kevork Djansezian)

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - 米マイクロソフトは、家庭用ゲーム機「Xbox」向けの動画コンテンツ制作部門「Xboxエンターテイメント・スタジオズ」を閉鎖する方針だ。関係筋が17日、明らかにした。

同社はこの日、最大1万8000人の人員削減など大規模な事業再編計画を発表しており、同部門の閉鎖もこの一環という。

ネットフリックスが製作、配信したドラマ「ハウス・オブ・カーズ」が人気を集めるなど、ネット上での動画ストリーミングサービスが家庭でも浸透しており、ハイテク企業の間では自前でのコンテンツ制作を急ぐ動きが出ていた。

マイクロソフトが同スタジオを閉鎖すれば、自社でのコンテンツ制作を断念した初の大手テクノロジー企業となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。