マイクロソフト、動画制作スタジオを閉鎖へ

自社でのコンテンツ制作を断念

 7月17日、米マイクロソフトは、家庭用ゲーム機「Xbox」向けの動画コンテンツ制作部門「Xboxエンターテイメント・スタジオズ」を閉鎖する方針だ。6月撮影(2014年 ロイター/Kevork Djansezian)

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - 米マイクロソフトは、家庭用ゲーム機「Xbox」向けの動画コンテンツ制作部門「Xboxエンターテイメント・スタジオズ」を閉鎖する方針だ。関係筋が17日、明らかにした。

同社はこの日、最大1万8000人の人員削減など大規模な事業再編計画を発表しており、同部門の閉鎖もこの一環という。

ネットフリックスが製作、配信したドラマ「ハウス・オブ・カーズ」が人気を集めるなど、ネット上での動画ストリーミングサービスが家庭でも浸透しており、ハイテク企業の間では自前でのコンテンツ制作を急ぐ動きが出ていた。

マイクロソフトが同スタジオを閉鎖すれば、自社でのコンテンツ制作を断念した初の大手テクノロジー企業となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。