マイクロソフト、過去最大の1.8万人削減へ

ノキアから買収した携帯電話機事業などを縮小

 7月17日、マイクロソフトは、最大1万8000人の人員削減を実施すると発表した。写真は同社のロゴマークを背にスマホを持つ人。ゼニツァで2013年9月撮影(2014年 ロイター/Dado Ruvic)

[シアトル 17日 ロイター] - 米マイクロソフトは17日、今後約1年で最大1万8000人を削減する計画を明らかにした。全従業員数の14%に当たり、過去最大規模のリストラとなる。

このうち1万2500人前後は、4月に買収したノキアの携帯電話機事業から生じた重複領域の解消を目的とした削減となる。ノキア部門の買収によりマイクロソフトの従業員数は2万5000人増加し、12万7000人となっていた。

マイクロソフトは買収合意の際に1年半で6億ドルの年間コストを減らすと表明していたため、ノキア部門に絡む人員削減は予想されていた。

サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は先週、従業員に宛てたメモで、「より効率的な」事業に向けた計画の概要を示していた。

ノキア関連以外の人員削減について同社は内訳を公表していないが、第1弾はシアトル地域の1351人が対象になるとした。

同社は、今後4四半期にわたり、11億─16億ドルの関連費用(税引き前)を計上すると明らかにした。

マイクロソフトは2009年前半に従業員の約6%にあたる5800人を削減しているが、今回はそれを上回る。

パソコン以外のインターネット端末が急拡大する中、かつてのパソコン業界の覇者は相次いでリストラを実施している。 ヒューレット・パッカード(HP)は3─5年かけて最大5万人を削減する計画で、IBMは1万3000人を解雇あるいは配置転換するとみられている。インテルとシスコシステムズもここ1年の間に、従業員の約5%を削減すると発表している。

*内容を追加して再送します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。