IBM・アップル業務提携の衝撃波

ブラックベリー株が急落

 7月16日、ブラックベリーの株価が急落。写真は同社の看板。ウォータールーで6月撮影(2014年 ロイター/Mark Blinch)

[トロント 16日 ロイター] - 16日の株式市場で、カナダのスマートフォン(多機能携帯電話)メーカー、ブラックベリーが急落。米ナスダック市場で9%を超える下げとなっている。

IBMとアップルが企業向け携帯端末分野で提携すると発表したことが悪材料となっている。

IBMとアップルは15日、法人顧客向けのモバイル分野で提携すると発表。今年秋以降、小売り、ヘルスケア、銀行、旅行、輸送、通信など特定業界をターゲットに100以上のアプリケーションを提供する方針を明らかにした。

両社のターゲット顧客は、ブラックベリーが獲得を目指す顧客と重なることから、「現在の初期段階では決定的な一撃ではないが、ブラックベリーにとって悪材料であることは間違いない」(IDCのジョン・ジャクソン氏)と見られている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT