IBM・アップル業務提携の衝撃波

ブラックベリー株が急落

 7月16日、ブラックベリーの株価が急落。写真は同社の看板。ウォータールーで6月撮影(2014年 ロイター/Mark Blinch)

[トロント 16日 ロイター] - 16日の株式市場で、カナダのスマートフォン(多機能携帯電話)メーカー、ブラックベリーが急落。米ナスダック市場で9%を超える下げとなっている。

IBMとアップルが企業向け携帯端末分野で提携すると発表したことが悪材料となっている。

IBMとアップルは15日、法人顧客向けのモバイル分野で提携すると発表。今年秋以降、小売り、ヘルスケア、銀行、旅行、輸送、通信など特定業界をターゲットに100以上のアプリケーションを提供する方針を明らかにした。

両社のターゲット顧客は、ブラックベリーが獲得を目指す顧客と重なることから、「現在の初期段階では決定的な一撃ではないが、ブラックベリーにとって悪材料であることは間違いない」(IDCのジョン・ジャクソン氏)と見られている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。