復活? インテル株が10年ぶり高値を記録

強い売上高見通しを好感

 7月16日、インテルの株価が一時、10年ぶり高値をつけた。写真は同社のロゴマーク。台北で6月撮影(2014年 ロイター/Pichi Chuang)

[16日 ロイター] - 16日午前の米株式市場で、半導体大手インテル株価が一時7%急伸し、10年ぶり高値をつけた。

同社が前日の決算発表で、企業のパソコン(PC)買い替え需要が追い風となり、第3・四半期売上高が市場予想を上回る見通しだと明らかにしたことが好感されている。

これを受け、証券会社19社以上がインテルの目標株価を29━45ドルに引き上げたほか、2社が投資判断を「買い」相当に引き上げた。

インテルのスミス最高財務責任者(CFO)はロイターに対し、「PC(市場)は安定した」と述べ、タブレットやスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)の台頭によるPC離れに対する懸念が後退した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT