BMWが中国の生産能力を増強、40万台に

現地生産モデル数を倍増の6車種に

 7月16日、BMWは中国の生産能力を拡大し、40万台にすると発表した。写真は北京で2013年7月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツの高級車大手BMWは16日、中国の2工場の生産能力を向こう2年で30%強拡大し、40万台にすると発表した。現地生産モデルは倍増し、6車種にする。

BMWは先月、華晨中国汽車(ブリリアンス・チャイナ)<1114.HK>との合弁契約を2028年まで延長したばかり。

BMWのフリードリッヒ・アイヒナー最高財務責任者(CFO)は、「中国の顧客のニーズと願望を満たすための取り組みを強化する」と表明。

具体的には、「3シリーズ」よりも低価格なエントリーモデル、家族向けの「高機能性自動車」とオフロード車「X3」を基にしたモデルを投入する計画だと明らかにした。

同社は低迷している欧州市場への依存度を減らすために、中国事業の拡大を計画している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。