BMWが中国の生産能力を増強、40万台に

現地生産モデル数を倍増の6車種に

 7月16日、BMWは中国の生産能力を拡大し、40万台にすると発表した。写真は北京で2013年7月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツの高級車大手BMWは16日、中国の2工場の生産能力を向こう2年で30%強拡大し、40万台にすると発表した。現地生産モデルは倍増し、6車種にする。

BMWは先月、華晨中国汽車(ブリリアンス・チャイナ)<1114.HK>との合弁契約を2028年まで延長したばかり。

BMWのフリードリッヒ・アイヒナー最高財務責任者(CFO)は、「中国の顧客のニーズと願望を満たすための取り組みを強化する」と表明。

具体的には、「3シリーズ」よりも低価格なエントリーモデル、家族向けの「高機能性自動車」とオフロード車「X3」を基にしたモデルを投入する計画だと明らかにした。

同社は低迷している欧州市場への依存度を減らすために、中国事業の拡大を計画している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT