カワサキ「大人かっこいい」3輪車が爆売れの理由

発売日に完売「四輪車と二輪車のいいとこ取り」

発売日に即完売! “世界のカワサキ”が作った「三輪車」(写真:OCEANS編集部)
この記事の画像を見る(6枚)

“四輪車と二輪車のいいとこ取り”という個性で注目度を高めている三輪車……だが、「まぁ、ちょっと自分にはまだ縁遠いかな」なんて思っている人も多いだろう。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

しかし、つい先日発売された電動三輪車が発売初日に即完し、話題となっている。生産数が限られているとはいえ、どこの誰が作ったらそうなるんだ!? と驚くばかりだが、造り手の名前を聞けば納得するほかない。

自転車のような手軽さと車のような安定性を両立

100台限定で発売された電動三輪車。フル電動タイプ(普通免許要)と電動アシストタイプ(普通免許なし)の2種類をラインナップ。[左]「フル電動タイプ noslisu NA 01」32万円、「電動アシストタイプ noslisu NB-01」27万円/ノスリス(写真:OCEANS編集部)

手がけるのは、走行性能を重視した、武骨なデザインのオートバイクで人気に火が点き、かつては「男は黙ってカワサキ」とまで呼ばれたカワサキ(KAWASAKI)である。

社内公募の第1号として誕生した「ノスリス(noslisu)」は、自転車のような手軽さと、車のような安定性を両立したデザインが特徴だ。

プロジェクトリーダーの石井宏志さんは開発のきっかけについてこう語る。

「街で出会ったお年寄りから 『家族のところに駆けつけたいときに1人で気軽に乗れる乗り物がない』という話を聞いて、『誰でも手軽に安全に乗れるモビリティーがあれば』と考え、ノスリスの構想が生まれました」。

独自の機構で安全性をガッチリ確保(写真:OCEANS編集部)

安定性をガッチリ確保するために、後方二輪ではなく前方二輪の三輪構造を採用。右の写真のように、台の上に車輪を置いても重心がブレない、独自の機構が強みだ。

もちろん滑りやすい路面やデコボコの畦道(あぜみち)、急な横風が吹くというようなシーンでも、安定して走行できる。

次ページ街乗りにもなじむスタイリッシュなデザイン
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT