ギャラクシーS5、iPhone5Sよりも劣勢

サムスンの最新機種が苦戦

 7月16日、調査会社カウンターポイントによると、サムスン電子が3月下旬に発売した「ギャラクシーS5」(写真)の5月の世界販売台数は500万台程度と、発売から8カ月が経つ米アップルの「iPhone5S」の700万台を下回った。バルセロナで2月撮影(2014年 ロイター/Albert Gea)

[ソウル 16日 ロイター] - 調査会社カウンターポイントによると、韓国サムスン電子<005930.KS>が3月下旬に発売したスマートフォン(スマホ)最上位機種「ギャラクシーS5」の5月の世界販売台数は500万台程度と、発売から8カ月が経つ米アップルの「iPhone(アイフォーン)5S」の700万台を下回った。

カウンターポイントは世界販売のほぼ90%を占める35市場を対象に調査を実施。通常の業界データはメーカーの出荷台数を基にしているが、同調査は小売店の販売台数に注目している。

カウンターポイントは、ギャラクシーS5の初期販売が一世代前のギャラクシーS4よりも低調なようだと指摘。同社のソウル在勤アナリスト、トム・カン氏はギャラクシーS5の販売台数は6月も500万台程度にとどまったもようと述べた。同氏は、ディスプレーの質やプラスチック製のボディが市場の期待に沿わなかったと分析した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT