ギャラクシーS5、iPhone5Sよりも劣勢

サムスンの最新機種が苦戦

 7月16日、調査会社カウンターポイントによると、サムスン電子が3月下旬に発売した「ギャラクシーS5」(写真)の5月の世界販売台数は500万台程度と、発売から8カ月が経つ米アップルの「iPhone5S」の700万台を下回った。バルセロナで2月撮影(2014年 ロイター/Albert Gea)

[ソウル 16日 ロイター] - 調査会社カウンターポイントによると、韓国サムスン電子<005930.KS>が3月下旬に発売したスマートフォン(スマホ)最上位機種「ギャラクシーS5」の5月の世界販売台数は500万台程度と、発売から8カ月が経つ米アップルの「iPhone(アイフォーン)5S」の700万台を下回った。

カウンターポイントは世界販売のほぼ90%を占める35市場を対象に調査を実施。通常の業界データはメーカーの出荷台数を基にしているが、同調査は小売店の販売台数に注目している。

カウンターポイントは、ギャラクシーS5の初期販売が一世代前のギャラクシーS4よりも低調なようだと指摘。同社のソウル在勤アナリスト、トム・カン氏はギャラクシーS5の販売台数は6月も500万台程度にとどまったもようと述べた。同氏は、ディスプレーの質やプラスチック製のボディが市場の期待に沿わなかったと分析した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。