ハリウッドの名優らが示す「映画の笑い」の神髄

「カムバック・トゥ・ハリウッド」のコメディー度

6月4日公開予定の『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』。ロバート・デ・ニーロ(写真中央)、トミー・リー・ジョーンズ(左)、モーガン・フリーマン(右)というハリウッドのレジェンドたちがコメディーに挑む映画だ(東洋経済オンライン読者向け「オンライン試写会」への応募はこちら) ©2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved

舞台は1970年代のハリウッド。ギャングからの借金で首がまわらなくなったB級映画プロデューサーのマックスは、危険なスタント撮影でわざと死亡事故を起こすという保険金詐欺を思いつく。そこで彼は老人ホームに入居していた往年の映画スター、デュークを担ぎ出して西部劇の撮影を開始。マックスは撮影中にデュークを事故死させようと、あれこれと策略の限りを尽くすが、デュークは思いの外しぶとかった――。

5月28日(金)に独占オンライン試写会を実施します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

ロバート・デ・ニーロ、トミー・リー・ジョーンズ、モーガン・フリーマンという3人のオスカー俳優が共演したコメディー映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』が6月4日より劇場公開予定となる。

監督と脚本を務めたのは、マーティン・ローレンスとウィル・スミスが共演する映画『バッドボーイズ』の原案や、デ・ニーロ主演のアクションコメディー『ミッドナイト・ラン』(1988年)の脚本家としても知られるジョージ・ギャロ。

ロバート・デ・ニーロらハリウッドの名優たちが活躍

ギャロ監督がデ・ニーロとタッグを組むのはその『ミッドナイト・ラン』以来だが、その間も2人は良好な関係を続けてきたという。デ・ニーロもインタビューで「ジョージのことは昔から知っている。彼はとても陽気で楽しい男だが、それはこの手のコメディー映画にはとても必要なことなんだ」と語るなど、互いに信頼を寄せているようだ。

ロバート・デ・ニーロにとって、アメリカ裏社会で生きた男を演じた2019年の『アイリッシュマン』は、アカデミー賞など数々の賞レースをにぎわし、長いキャリアを持つ彼の新たな代表作となった。それだけ力の入った仕事だっただけに、次回作は気分をリフレッシュさせるため、軽妙な役をやりたいと考えていたという。

次ページギャロ監督の念願かなう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT