渋沢栄一が「父と妻子を捨てる決意」をした日

漫画『栄一』第3話 後編

日本を変えるため行動してきた栄一は、さまざまな葛藤で揺れ動いていたが……

その生涯において500以上の企業の設立、600以上の教育・社会事業に携わり、後に“日本資本主義の父”と称された男がいた。

『栄一』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

経営学の巨人・ドラッカーも絶賛した彼の名は渋沢栄一。今、われわれが住む世界は渋沢なくしては考えられない。

今からおよそ180年前、埼玉県深谷市の藍農家に生まれた少年は、いかにして今、私たちが住む世界の景色を作り上げていったのか?

江戸、明治、大正、昭和──。激動の時代を駆け抜けるように生きた大偉人の人生を、1人の人間、1人の青年として丹念にみずみずしく描いた渋沢栄一伝の決定版! あなたもきっと栄一が好きになる!! 『栄一』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(15ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT