パート妻は厚生年金に入ると夫の死後損する? 「働きすぎると年金が減らされる」は本当か

印刷
A
A

妻自身が扶養を外れ、少しでも高い給与で勤務できるのであれば、給与収入が多くなるだけでなく、妻の厚生年金加入によって妻の年金が厚くなります。年上の妻の厚生年金加入により、夫婦2人での年金の受給期間中もより安心できることにもなるでしょう。もし65歳までに年上の妻の厚生年金加入が20年以上に達し、65歳当時年下の夫が生計を維持(原則、夫の年収850万円未満)されていれば、妻が65歳になってから夫が65歳になるまで加給年金も加算されることにもなるでしょう。

国民年金第3号被保険者は60歳まで、国民年金第1号被保険者と同じく国民年金保険料を納められる任意加入被保険者は最大65歳までなれるのに対し、厚生年金は最大で70歳まで加入できます。厚生年金加入のほうが年金を増額できる機会が長いということにもなっています。

年金は不確実な老後の暮らしに備えるもの

もちろん、個々人が実際何歳まで生きるかはわかりません。妻が年下であっても、夫がかなり長生きし、妻が先に他界することも当然あります。また、妻が遺族厚生年金受給後に再婚をすると、遺族厚生年金は受給できなくなりますので、再婚後は少なくとも再婚相手が健在の間、老齢基礎年金と老齢厚生年金のみを受給することになります。夫が亡くなる前に夫婦が離婚している場合も遺族厚生年金は支給されませんので、この場合もやはり、妻自身の老齢厚生年金が老後の収入として重要な位置づけになります。

今回、遺族年金という視点から取り上げましたが、パートの妻が今後の厚生年金への加入を決めるに当たっての1つの考え方となります。人生は何が起きるかわかりませんが、年金制度は不確実なことへ備える保険となっています。扶養に入っている場合と異なり、厚生年金加入で保険料が掛かることが気になるかもしれませんが、日本人の平均寿命や夫婦の年齢を参考にしつつ、これまで述べてきた将来の不確実なことに備えたいのであれば、厚生年金への加入も意味があるのではないでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT