iPhoneは安全保障脅かす?

中国国営テレビが批判

 7月11日、中国国営テレビは、iPhoneの位置情報機能は、国家の安全保障に対する脅威だと批判した。写真は同機種の機能を顧客に説明する店員(右)。北京で1月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 11日 ロイター] - 中国国営テレビは11日、米アップルのスマートフォン「iPhone」の位置情報機能は、国家の安全保障に対する脅威だと批判した。

中国中央テレビ局(CCTV)は、持ち主が移動する際の時間と場所を追跡する「フリークエント・ロケーションズ」機能について、「極めて慎重に扱うべきデータだ」とする専門家の発言を伝えた。この専門家は、データがアクセスされた場合、国全体の経済状況と国家機密さえも暴露されてしまうと警告した。

アップルはこれまでも頻繁に中国国営メディアから非難を浴びてきた。国営メディアはアップルが利用者データを米情報機関に提供したとし、厳格な処罰を求めたこともある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT