星野リゾート代表「GoTo補助額は下げるべきだ」

東京五輪「無観客でも開催すべき」と断言する訳

星野代表は将来の市場動向を大胆に語る、業界では珍しい経営者の1人。すでにコロナ後を見据えているようだ。写真は2019年(撮影:今祥雄)
昨年以降、コロナ禍で苦境に喘ぐ宿泊業界。一時はGo Toトラベルキャンペーンで盛り上がったが、それも12月には終結。年明けの緊急事態宣言に続き、4月25日には東京、大阪などで3度目の緊急事態宣言も始まった。先の見通しが立たない状況だ。
一方、高級ホテル「星のや」などを展開する星野リゾートはコロナ禍でも出店を続け、中止になった案件はないという。また、コロナ収束を見据えた策も打ち始めている。星野佳路代表に今後の展望を聞いた。

「Go To」はまずワクチン接種者を対象に

――足元の予約の状況はどうでしょうか?

普段よりは低いが、悪すぎるということはない。いいところと悪いところの差が激しいのが現状だ。沖縄、北海道、東京は悪いが、温泉地はとてもいい。予約の入り具合はこれまで、緊急事態宣言の有無より新規感染者数の増減と相関があった。

しかし、4月前後は感染者数が伸びても予約はそこまで悪くない状態で安定している。消費者の行動パターンが変わりつつある。ワクチンの動向も影響しているのかもしれない。

――Go Toトラベルキャンペーンは昨年来、中断が続いています。感染が収まらない中でどのような策が必要でしょうか。

昨年は一部の地域の除外や中断で、業務的にものすごく煩雑になっていた。その経験を生かし、観光事業者、事務局、消費者も助かり、プラスになるようにすべきだろう。

まずはワクチン接種者を対象にすること。接種率の引き上げに貢献できるし、現場も安心してお客様を迎えられるからだ。また、(地域共通クーポンを含めて50%割引とする)補助率は下げたほうがいい。税金を使った経済対策だから、必要以上に補助を出すことはない。

アフターGo Toに料金が急激に値上がりすることにもなるので、効果を得られる範囲でいいと思う。補助率を段階的に下げていくことも、作業が煩雑になるので反対だ。

次ページ東京五輪を「開催すべき」理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT