中国の習国家主席、米国と同盟国を痛切に批判

名指しは避けてもどの国を指すのか一目瞭然

中国の習近平国家主席は20日、世界的な経済統合の推進を呼び掛け、デカップリング(切り離し)に警鐘を鳴らすとともに、「傲慢な指図」は不要だと述べ、米国とその同盟国をけん制した。

習主席は海南省で開かれている「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」でのビデオ形式の基調演説で、米国を名指しせずに「国際関係は交渉や協議で進めるべきであり、世界の将来的命運は全ての国によって決められるべきだ」と主張。「1カ国または数カ国が他国にルールを押し付けるべきではなく、世界は数カ国による単独主義によって翻弄されるべきではない」と述べた。

習主席はまた「障壁を築こうとしたり、デカップリングを進めようとしたりする試みは経済・市場原則に反しており、他国を傷付けるだけで自らにも利益はない」と指摘。中国のサプライチェーンへの依存度を下げ、先端半導体など製品輸出を差し控える米国の取り組みを暗に批判した。

中国の習近平国家主席

習主席は「現在の世界でわれわれが必要としているのは正義であり、覇権ではない」とし、中国が軍拡競争に関わることは決してないと表明。「他国への傲慢な指図や他国の内政への干渉はいかなる支持も得られない」とも語った。

次ページカーボンニュートラル実現に関して新たな提案はなし
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT