米景気回復でアジアで最も恩恵受ける国はどこ

1位ベトナムはGDP成長率が1%も増加する

大規模な刺激策と累積需要に後押しされた米景気拡大は、アジアの輸出業者にとって追い風となり、その最大の恩恵を受けるのはベトナムだと、ブルームバーグ・エコノミクス(BE)は分析した。

BEは2021年の米成長率を7.7%と、昨年終盤の3.5%から加速すると見込む。BEのアジア担当チーフエコノミスト、舒暢氏がまとめた調査によると、米成長率が予想通りなら、ベトナムの成長率は1ポイント余り押し上げられる見通し。中国も約0.6ポイントの上昇が予想される。調査は13日に公表された。

サプライチェーンによる間接的な波及効果も大きい

舒氏は平均でみるとアジアの輸出の1割余りが米国向けだとし、「米成長率の上振れはアジアの輸出業者にとって朗報だ」と指摘。直接的な需要拡大に加え、アジアに米国向けのサプライチェーンが張り巡らされていることに伴う「間接的な波及効果も大きい可能性が高い」と説明した。

BEの米成長率予測には、米消費者の推定1兆7000億ドル(約190兆円)の追加貯蓄と資産価格上昇に伴う資産効果が織り込まれている。このため8日時点での市場予想(5.8%)を大幅に上回っている。

原題:Coming U.S. Economic Boom Seen Boosting Vietnam Most in Asia(抜粋)

著者:Jiyeun Lee

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT