米景気回復でアジアで最も恩恵受ける国はどこ

1位ベトナムはGDP成長率が1%も増加する

大規模な刺激策と累積需要に後押しされた米景気拡大は、アジアの輸出業者にとって追い風となり、その最大の恩恵を受けるのはベトナムだと、ブルームバーグ・エコノミクス(BE)は分析した。

BEは2021年の米成長率を7.7%と、昨年終盤の3.5%から加速すると見込む。BEのアジア担当チーフエコノミスト、舒暢氏がまとめた調査によると、米成長率が予想通りなら、ベトナムの成長率は1ポイント余り押し上げられる見通し。中国も約0.6ポイントの上昇が予想される。調査は13日に公表された。

サプライチェーンによる間接的な波及効果も大きい

舒氏は平均でみるとアジアの輸出の1割余りが米国向けだとし、「米成長率の上振れはアジアの輸出業者にとって朗報だ」と指摘。直接的な需要拡大に加え、アジアに米国向けのサプライチェーンが張り巡らされていることに伴う「間接的な波及効果も大きい可能性が高い」と説明した。

BEの米成長率予測には、米消費者の推定1兆7000億ドル(約190兆円)の追加貯蓄と資産価格上昇に伴う資産効果が織り込まれている。このため8日時点での市場予想(5.8%)を大幅に上回っている。

原題:Coming U.S. Economic Boom Seen Boosting Vietnam Most in Asia(抜粋)

著者:Jiyeun Lee

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT