漫画「進撃の巨人」完結で知る担当編集者の秘話

新人の漫画家と編集者が二人三脚で歩んだ軌跡

4月9日発売の『別冊少年マガジン』5月号で遂に完結する漫画『進撃の巨人』(出所:講談社)
この記事の画像を見る(7枚)

「誰にも文句を言わせないネームだと思います」

漫画『進撃の巨人』の最終回ネームを作者、諫山創から受け取った際、川窪慎太郎は心に浮かんだ率直な感想を伝えた。連載当初から担当編集を務める川窪と諫山との二人三脚でお互いの人生を懸けて挑んだ作品が、ついに完結を迎える。

「よく描き切ったなって感じです。諫山さんがどう思っているのかはわかりませんが、担当編集者としてやり残したことはない。心残りや、もっとこうできたなど、そんな気持ちは1ミリもないですね。少なくともやれることは全部やった気がします」

4月9日発売『別冊少年マガジン』5月号の表紙(出所:講談社)

『進撃の巨人』は、2009年9月より『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の漫画だ。「壁」の中で暮らす人類が、人を捕食する巨人相手に絶望的な戦いを強いられる「ダークファンタジー」。世界累計発行部数は1億部を突破。アニメや日本国内での実写映画、ビデオゲームなどにも展開を拡げ、ハリウッドでの実写化も決定している。

そんな『進撃の巨人』は、2021年4月9日発売の『別冊少年マガジン』5月号で遂に完結する。

『進撃の巨人』は運命の電話から誕生した

『進撃の巨人』が誕生に至るきっかけは、今から15年前の2006年の夏。諫山からの漫画持ち込みの電話を、講談社に入社したばかりの川窪が取ったことだった。当時、専門学生だった諫山はすでにいくつかの出版社に原稿を見せていたが、どこからも相手にされなかった。

しかし、諫山の原稿を見た川窪は、その可能性を見逃さなかった。

『進撃の巨人』誕生前から漫画家、諫山創氏と二人三脚で歩んできた編集者、川窪慎太郎氏(撮影:梅谷秀司)

「(別冊少年マガジンは)持ち込みの電話がかかってきて、電話を受けた人がそのまま作品を見るスタイルです。(諫山さんの)原稿を見たら情念というか並々ならぬ思いが伝わってきて、次の作品ができたら連絡してほしい、一緒に作品を作っていきたいって話をしました」

講談社は、漫画雑誌ごとに新人向けの賞を主催している。新人漫画家はそこで賞を獲って、初めて連載が検討される。諫山はこの賞を獲得し、川窪と諫山の10年以上に及ぶ付き合いが始まった。この頃、2008年~2009年頃に生まれたアイデアを基に作られた連載ネームが、『進撃の巨人』だった。

共に連載ネームを作る過程で川窪は、諫山の多様なアイデアと感性、作家としての才能、そして作品への手応えを感じていた。

「僕が1個質問をするとそのすべてにちゃんと答えが返ってくるんです。ネームには描かれてないけど、この世界はどういう世界で彼はどんなキャラクターなのかと質問すると、こういうキャラクターで実はこんな設定があって壁の外にはこんな展開があって……と詳細に返ってきました。こんなアイデアを考えられるなんて、と驚かされましたね」

次ページ「巨人がすべてを支配する世界」に込めた思い


関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT