海外小国へ次々と進出する資生堂の狙い

拡大
縮小


 その影響を受けて、前10年3月期は減収に終わったもようだ。こうした国内市場に対する危機感が、資生堂の視線を海外に向けさせているようだ。

資生堂の海外事業は、新規市場への進出に加えて、既存地域の強化も図っている。中国では資生堂の化粧品を取り扱う専門店は5000店規模に迫り、売り上げは2ケタ増で伸びている。

アメリカも、北米の化粧品メーカー、ベアエッセンシャル社を1800億円もの巨額を投じて買収。11年3月期より売上高600億円近くが連結予定だ。資生堂の成長エンジンは完全に海外にある。

現在資生堂が目指しているのは、「日本をオリジンとしたアジアを代表するグローバルプレイヤー」(前田新造社長)だ。09年3月期で38%の海外売上比率を、18年3月期には50%以上に高めたい方針で、国内依存のビジネスモデルから脱却を狙っている。

(島田 知穂)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT