海外小国へ次々と進出する資生堂の狙い

海外小国へ次々と進出する資生堂の狙い

資生堂が海外の小国への進出を加速している。昨年、エジプトやラオス、モロッコ、アゼルバイジャンで高級化粧品の販売を始めたほか、今年5月下旬には国内化粧品メーカーとして初めてモンゴルへ進出する。国内化粧品市場が成熟する中で、今後の成長が期待できる地域にいち早く足がかりをつかみ、ブランドイメージを確立して将来の収益源を育成する狙いだ。

モンゴルでは、代理店のビシュレルト社を通じて、首都ウランバートルのショッピングセンター内に、資生堂がグローバルブランドと位置づける「SHISEIDO」を出店。口紅やアイシャドーなどのメーキャップ化粧品や、化粧水をはじめとするスキンケア化粧品の高級タイプを販売する。モンゴルへの展開で、資生堂は海外74の国と地域に参入することになる。

モンゴルの高級化粧品市場は、2008年で約8000万円と小さいが、03年からの6年間で2倍に成長した。近年は資源開発に支えられて経済成長が進み、都市部に住む女性のおしゃれに対する意識が高まってきている。米エスティローダーや仏ロレアルなど世界の競合が早々と参入を果たし、資生堂も遅れまいと進出を決めた。

世界の強豪と比べて資生堂の海外における知名度は低いが、「おもてなし」をモットーにする日本流の丁寧な接客で、ブランドイメージの浸透と固定客の獲得を図る考えだ。

資生堂はここ最近では、09年にエジプトやラオス、モロッコ、アゼルバイジャンに進出。今まで国内の競合が手を付けていない小規模な市場に相次いで参入している。資生堂がここまで海外進出を急ぐ背景には、国内市場の成熟化がある。

日本の化粧品市場は、ここ10年間頭打ち状態。今後も少子高齢化で成長の余地は限られている。

その上、昨今の消費不況で、大手化粧品メーカーが主力とする中価格帯(2000~5000円)の化粧品からは客足が離れ、資生堂が強いブランドを持っていない低価格化粧品(2000円以下)に需要が移行している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT