年収180万円程度の人が激増する未来【動画】 2020年代には世界で格差の拡大が加速する

拡大
縮小

1990年代にアメリカのクリントン政権で労働長官を務めたロバート・ライシュ氏は、21世紀のはじめごろにこんな予言をしました。

「21世紀の社会では世の中の仕事は頭脳労働とマックジョブに二極化する」

これから先、格差の未来は?

マックジョブとは英語圏で言われる「マクドナルドの仕事のようにマニュアルをこなしていれば成立する仕事」のことです。

『格差と階級の未来』(講談社+α新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

この予言は確かに未来を言い当てていて、その後、必ずしもすべてではありませんが、マックジョブ化した仕事は非正規雇用化されて給料レベルが下がり、頭脳労働者との賃金の格差が生まれました。

ただ、これから先はライシュ氏の言ってきた頭脳労働者でも、その地位を保てなくなるかもしれません。

これから先、格差の未来はどうなるのでしょうか?

この先、富の格差はさらに広がり、先進国では新下流層というあたらしい階級が生まれると予想されます。

経済評論家・鈴木貴博氏の著書『格差と階級の未来』を読み解き、これから起こりうるあたらしい経済格差について5分の動画にまとめました。

詳しくは動画をご覧ください。

(写真:builderB/PIXTA)

(再生の際には音量等にご注意ください)

東洋経済オンライン編集部

ベテランから若手まで個性的な部員がそろう編集部。編集作業が中心だが、もちろん取材もこなします(画像はイメージです)

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT