ゼネコンDXは「アナログ体質」を変えられるか 紙の図面に電話の確認、2021年は節目の年に

印刷
A
A
ゼネコン・建設業界にとって2021年は節目の年になりそうだ(撮影:今井康一)

「DX(デジタルトランスフォーメーション)元年」

2021年はゼネコン・建設業界にとって節目の年になると、多くの関係者が見ている。

ゼネコン・建設業界は4~5層もの多重下請け構造の中で46万社がひしめき、およそ60兆円の建設投資市場を奪い合っている。電子商取引の標準規約は制定されているが、建設業者の多くは中小・零細企業で、紙や電話が中心のアナログ的な作業がまだ数多く残っている。

枚挙にいとまがない「アナログ事例」

「工事代金の請求は手書きの伝票で送られてくる。これをマンパワーでパソコンに入力して、納品チェックをして精算する」。準大手ゼネコンの幹部は業界全体のデジタル化が遅れていることをため息交じりに話す。

別の業界関係者も、「元請会社の現場監督がタブレットを使ってデジタルで施工管理していても、下請会社が紙の図面を使っているため、結局は紙での管理が残ったまま」と語る。

これ以外にも、「ゴム印でないと契約見積書を受け付けてくれない」「『メールでいま送りました』と確認の電話が入ることは珍しくない」「大手ゼネコンでもリモート会議用のツールが導入されていないことがある」など、アナログ事例は枚挙にいとまがない。

東洋経済プラスの連載「ゼネコン『デジタル革命』」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。
「にっかぽっかのオヤジ」が挑む建設テック革命
ゼネコン界でDX化がなかなか進まないわけ
ゼネコン鹿島、DXで狙う建設業界の「地殻変動」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT