中国スマホの小米、「光速」の急成長

上期出荷台数は前年の約4倍、2610万台

7月2日、中国スマートフォンメーカーの小米科技が発表した今年上半期のスマホ出荷台数は2610万台と、前年同期の4倍近くとなった。写真は製品発表会で話す雷軍CEO。北京で5月撮影(2014年 ロイター)

[北京 2日 ロイター] - 中国スマートフォン(スマホ)メーカーの小米科技(シャオミ)が2日発表した今年上半期のスマホ出荷台数は2610万台と、前年同期の703万台の4倍近くとなった。

2013年通年の出荷台数も上回った。

上半期の売上高は前年比149%増の330億元(53億2000万ドル)だった。

シャオミは今年通年で6000万台の出荷を目指している。

同社は中国のスマホ市場で急速に存在感を高めており、調査会社カナリスによると、第1・四半期の世界のスマホ販売で6位となった。

シャオミは東南アジアやインド、ブラジル、メキシコを中心に海外への進出を目指している。ただ、カナリスによると、第1・四半期の出荷台数の97%は中国本土が占めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。