中国スマホの小米、「光速」の急成長

上期出荷台数は前年の約4倍、2610万台

7月2日、中国スマートフォンメーカーの小米科技が発表した今年上半期のスマホ出荷台数は2610万台と、前年同期の4倍近くとなった。写真は製品発表会で話す雷軍CEO。北京で5月撮影(2014年 ロイター)

[北京 2日 ロイター] - 中国スマートフォン(スマホ)メーカーの小米科技(シャオミ)が2日発表した今年上半期のスマホ出荷台数は2610万台と、前年同期の703万台の4倍近くとなった。

2013年通年の出荷台数も上回った。

上半期の売上高は前年比149%増の330億元(53億2000万ドル)だった。

シャオミは今年通年で6000万台の出荷を目指している。

同社は中国のスマホ市場で急速に存在感を高めており、調査会社カナリスによると、第1・四半期の世界のスマホ販売で6位となった。

シャオミは東南アジアやインド、ブラジル、メキシコを中心に海外への進出を目指している。ただ、カナリスによると、第1・四半期の出荷台数の97%は中国本土が占めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT