6月の国内ユニクロ、前年比プラス2.6%

エアリズムなど夏物牽引、既存店売り上げ堅調

 7月2日、ファーストリテイリングは、6月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.6%増加したと発表した。写真は昨年4月、都内で撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>は2日、6月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.6%増加したと発表した。8カ月連続のプラスとなった。

1カ月を通して、「エアリズム」などの夏物コア商品が順調に推移したという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT