サッカーとラグビー「異例タッグ」実現の深い訳

グランパスがチケット販売ノウハウを提供

グランパスが開催したイベントに、ヴェルブリッツの選手が参加した(C)N.G.E.

新型コロナウイルスの影響でスポーツ界は依然として大きな影響を受けている。2月末で首都圏を除く地域の緊急事態宣言が解除されたものの、外国人入国制限はいまだ緩和されず、アスリートトラック(スポーツ入国特例)再開もメドが立っていない。4カ月後に迫った東京五輪がどのような形で開催されるのかも未知数な状況と言っていい。

自国開催の2019年ワールドカップでベスト8入りするなど、国民に勇気と希望を与えたラグビー界も1月16日に開幕予定だった2021年トップリーグを2月20日に変更してスタート。2022年1月の新リーグ発足に向けて本格的な準備が進みつつある。

しかしながら、日本ラグビー協会や大企業中心に長年、運営されてきたリーグをプロ化するのは容易ではない。チケット販売1つとっても、これまでは協会主体のセールスになっていて、各チームが個別販売や集客努力をするという概念が乏しかった。

チケット販売ノウハウなど提供

そんな中、いち早く動いたのが、トヨタ自動車ラグビー部「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」だ。彼らは同じ敷地内に練習拠点を置くJリーグ・名古屋グランパスが1993年から蓄積してきたチケット販売や集客努力などのノウハウに着目。名古屋側も協力関係構築に前向きで、2020年からマーケティング連携パートナーシップ締結に向けて少しずつ話を進めてきた。それが2月に具体化し、正式発表するに至ったという。

名古屋グランパスエイトの清水克洋専務(C)N.G.E.

提携の経緯を名古屋の清水克洋専務が次のように説明する。
「同じトヨタスポーツセンターで活動しているヴェルブリッツさんから『新リーグ発足に向けて準備を進める中で、チケット販売やマーチャンダイジング、ファンクラブ運営などを多角的にアドバイスしてほしい』と打診を受けたのが始まりです。

新リーグではチケットのプラットフォームを新しくする方向で、われわれのノウハウが役に立つと考え、快くお引き受けしました。どういうチケット販売方法が望ましいかから逆算し、新リーグのシステムをベースにどのようなヴェルブリッツのシステムを作るかをご一緒に考えるのが第一歩。今はグランパスのチケットオペレーション企業で長く働いていたスタッフを1人派遣して、具体的に動いてもらっています」

次ページ約20万人分の顧客情報を活用
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT