米国債利回り上昇加速、株式、新興国市場の脅威

年末までに利回りは今より0.5%以上上昇2%に

米国債利回りの上昇を遮る障害が徐々になくなりつつある。

米国債利回りは長く続いたレンジを上抜け、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)初期段階の水準を回復した。ワクチン接種の進展とビジネス再開の見通し、追加経済対策を前提とすれば、利回りはさらに上昇するとウォール街のアナリストの多くは予想する。

借り入れコスト上昇の脅威は、米株から新興国市場の証券に至るまでリスク資産に既にのしかかっている。ただこれまでのところ、金利上昇ペースが米連邦準備制度の当局者を警戒させている様子はない。

連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は今週23、24日に半期金融政策報告で議会証言を行う。パウエル氏が長期金利の急上昇に不安になっている兆しはないかトレーダーらは証言を注視することになるが、そうした手掛かりがなければ、リフレトレードが利回りをどこまで押し上げるか市場は考え込まざるを得ない。

アマースト・ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は「パンデミック以前には、米国の10年国債利回りは1.6%前後で取引されていた。われわれがほぼその当時の経済状況に戻ろうとするなら、利回りがそれより低くなる理由はない」と指摘した。

スタンリー氏は、先週1.36%と約1年ぶりの高水準となった10年国債利回りが、年末には 2019年8月以降で初めて2%に達すると予測している。

原題:The Runway Toward Higher Treasury Yields Looks Free and Clear(抜粋)

著者:Liz McCormick、Daniela Sirtori-Cortina

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT