キャンピングカーも実は「レンタカー」できる

「いきなり買うのは気が引ける」人にうってつけ

今回はキャンピングカーのレンタルについて紹介する(写真:バンテック提供)

「意外と手ごろな値段で手に入る」「普段使いできるものもある」など、これまでキャンピングカーの「手ごろさ」についてお話ししてきた。

とはいうものの、決して安い買い物ではないし、キャンピングカーが自分のライフスタイルに合うかどうか、買ってみるまでわからないというのも、当然の不安だ。そこで提案したいのが「まずは借りてみる」というアプローチである。

どこでレンタルできるのか

普通車なら、あちこちにレンタカー会社の支店があるから利用するのはたやすい。そのような一般のレンタカー会社はバラエティーに富んだ車種を用意しているが、残念ながらキャンピングカーに関してはほとんど扱いがないのが現状だ。

この連載の記事一覧はこちら

ではキャンピングカーはどこで借りられるのか。実は専門のレンタル会社があるのだ。

キャンピングカーレンタルの専門サイトに掲載されているだけでも、全国に320件余り。しかも最近のキャンピングカーブームで増加傾向である。

とはいえ、相変わらずニッチな需要であることに変わりはない。全国津々浦々にあるとはいえず、そのほとんどが都市部や観光地、主要空港付近に店を構えている。

次ページ気になる利用料金は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT