市況底打ちは本物か?東京オフィスの明と暗

「縦のライン」と「横のライン」で優勝劣敗がクッキリ

虎ノ門ヒルズなど、新築のオフィスビルは活況を呈している(撮影:尾形文繁)

6月11日に開業した「虎ノ門ヒルズ」。その竣工記者会見で、開発を手掛けた森ビルの辻慎吾社長は意気揚々と語った。「ほぼ満室に近い状態でスタートを切れた。賃料もかなり高い水準で契約できている」。

東京のオフィス市場では、今年竣工した虎ノ門ヒルズや「京橋トラストタワー」など、大フロアや最新性能を備えた新築ビルが活況を呈している。不動産サービス大手のCBREがまとめた東京23区大規模オフィス調査によると、5月末のハイグレードビルの空室率は前月比0.2ポイント低下の3.7%と若干改善。1坪当たり平均賃料も同0.9%増の3万1200円に上向いた(下図)。

オフィス市況回復の足かせ

ただ、これらはリーマンショック前の水準には程遠い。駅から遠いなど競争力で劣るビルが、市況の足かせになっているためだ。

「縦のライン」と「横のライン」──。不動産業界の関係者は現在の東京オフィス市場の需要の濃淡を説明する際に、このような表現を使う。皇居周辺で見た場合、JR山手線に沿って南北に連なる秋葉原から大手町、丸の内、虎ノ門が、人気の高い「縦のライン」であり、総武線に沿って東西に続く神保町や飯田橋、市ケ谷という「横のライン」は、人気が劣る地域というわけだ。

次ページ縦と横、それぞれの実態
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT