定年夫婦が「共通の趣味」など持つ必要がない訳

新婚の頃のように「一緒に楽しむ」のは至難

例えば読書1つとっても、夫婦で好みのジャンルが違ったりする。定年後いきなり同じ趣味を始めると、楽しいだろうか(写真:Ushico/PIXTA)

会社で50代ぐらいの人向けに開催される「ライフプランセミナー」、その席でよく講師の人から言われることがあります。

「定年後は夫婦で楽しめる共通の趣味を持ちなさい」

これは、男性向けの定年対策本に書いてある定番のアドバイスでもあります。私は、必ずしもそうは思いません。共通の趣味はあってもなくてもどちらでもいいのです。もう少し丁寧に表現すると、「共通の趣味は、あればそれにこしたことはないけど、なくても別にかまわない」ということです。

音楽好きでも、クラシック派の妻とヘビメタ派の夫

そもそも趣味というのはそれほど単純なものではありません。音楽が趣味といってもジャンルが違うこともあるでしょう。妻はクラシックやオペラが好きなのに夫はガチガチのヘビーメタルだとしたら、これはまったく合いません。

アウトドア派であったとしても、夫は山歩きが好き、妻はオートキャンプが好きというのでは、これもバラバラです。釣りだって、海釣り、渓流釣り、池でのヘラブナ釣りなど、好みはさまざま。そんな中でぴったり同じジャンルに好みが一致するというのであれば、2人で一緒にやっても楽しいでしょうが、そうでなければ、あまり面白くはないでしょう。

多少好みが違っても、一緒にいること自体が楽しい恋愛時代や新婚の頃ならともかく、長年生活を共にしてきた夫婦が、定年になったからといってべったり同じ趣味を目指すというのは、何か不自然な気がします。人間、誰でも自分の興味のないことに付き合うのは疲れます。

次ページ教えることも教えられることもストレス
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT