米アップルのスマートウォッチ、10月発売へ

台湾の広達電脳が7月から本格生産へ

 6月19日、台湾の広達電脳は7月から、米アップルの初代スマートウォッチの本格生産を始める。写真はアップルのロゴマーク。サンフランシスコで1月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[台北 20日 ロイター] - 世界最大手のノート型パソコン(PC)受託メーカー、台湾の広達電脳<2382.TW>は7月から、米アップルの初代スマートウォッチの本格生産を始める。事情に詳しい関係筋が明らかにした。10月にも発売される予定という。

アップルは発売後1年の販売台数を5000万台と見込んでいる。現在試験生産を行っている広達電脳が主要製造者となる見込みで、最終組み立て作業の70%以上を担当するという。

関係筋は、画面は長方形に近く、画面の表面がややアーチ型に張り出しており、ワイヤレス充電が可能などと話した。

先行しているスマートウォッチと同様、一部機能はそのまま使えるが、メッセージや音声会話はスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)への接続が必要とみられている。

また関係筋は、韓国のLGディスプレー<034220.KS>が当初生産分についてスクリーンを独占的に供給すると明かした。脈拍を管理するセンサーも搭載されており、供給業者にはシンガポールに拠点を置く画像・センサー製造のヘプタゴンも含まれるという。

アップル、広達電脳、LGディスプレー、ヘプタゴンはいずれもコメントを控えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。