幻に終わった百貨店強者連合、規模拡大に展望見えず

新たな成長戦略が焦点

高島屋とH2Oが会見を行った翌日、三越伊勢丹ホールディングスが業績修正を発表した。三越6店の減損、繰延税金資産取り崩しによって、最終損益はゼロから650億円の赤字に転落する見通し。完全統合に向けたリストラやウミ出しが先行しているとはいえ、大型統合がいかに大変かを示している。

業界では10年に入り前年比のマイナス幅が縮小しているものの、あくまで最悪期を脱した段階でしかない。

「各店、各地域のニーズを把握して、お客様が求めるものを適正な価格で供与していく。経営統合してもしなくてもこれは同じこと」(鈴木社長)。今後、組織統合に向けていたパワーを顧客に向けて、新たな成長戦略を打ち出せるかが焦点となりそうだ。

■高島屋の業績予想、会社概要はこちら 

 (撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2010年4月10日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。