幻に終わった百貨店強者連合、規模拡大に展望見えず

新たな成長戦略が焦点

高島屋とH2Oが会見を行った翌日、三越伊勢丹ホールディングスが業績修正を発表した。三越6店の減損、繰延税金資産取り崩しによって、最終損益はゼロから650億円の赤字に転落する見通し。完全統合に向けたリストラやウミ出しが先行しているとはいえ、大型統合がいかに大変かを示している。

業界では10年に入り前年比のマイナス幅が縮小しているものの、あくまで最悪期を脱した段階でしかない。

「各店、各地域のニーズを把握して、お客様が求めるものを適正な価格で供与していく。経営統合してもしなくてもこれは同じこと」(鈴木社長)。今後、組織統合に向けていたパワーを顧客に向けて、新たな成長戦略を打ち出せるかが焦点となりそうだ。

■高島屋の業績予想、会社概要はこちら 

 (撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2010年4月10日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。