北朝鮮が「企業経営の独自性」を重視? 現地の学術誌が指摘する経営管理方式

拡大
縮小

李教授はさらに、独立採算制を導入した理由について、「経済活動が広がる中、企業の現場で、より客観的な経営管理を行えるようにするため。また、国家がすべての企業所や工場を管理し、彼らに対する報酬などの保障が難しくなったため」という現実も打ち明けている。

この論文には、企業体の独自性を強調しながらも、同時に「国家の統一的指導の下」という言葉がよく出てくる。あくまでも社会主義的な中央集権型の経済管理の枠組みは動かさないが、現場の特性や個性に合わせて経済活動を行うようになったと解釈できる。

「人民が主人」をことさらアピール

金正恩時代の経済管理の特徴としてこれ以外にも、「革命と建設における主人は人民大衆であること」と「生産手段に対する社会主義的所有をしっかり守っていくこと」の2点を上げている。これは、あくまでも経済活動は国民一人一人の力量によるものであるが、その生産手段は社会主義的所有の形でしっかりまもっていくことであり、ここでも社会主義的枠組みから逸脱するなと釘を刺している。

今回、北朝鮮の代表的な経済理論誌に「金正恩時代の経済管理方式」としてしっかりと掲載されたことは、前述のような試みがすでに実験的に行うレベルから一段上がり、本格的に全国へ導入していくという現政権の方針を表明したものだろう。

経済単位の独自性を強化すること=金正恩の経済路線とアピールしたことは、今後の北朝鮮の経済運営もこのような方向性を持ってなされるということだが、それには原材料など生産物資の調達をはじめ、国内に依存したままでは限界にぶつかる。この方向性を維持しつつ、どこまで外国との経済関係を構築していくのかが注目される。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT