ソフトバンク、燃料電池発電スタート

1キロワット時25円で企業・官公庁へも売り込み

 6月17日、ソフトバンクなどは、同社ビルで燃料電池発電システムが稼働したと発表した。写真は孫正義社長。都内で17日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>と発電事業を手掛けるグループ企業のブルームエナジージャパンは17日、東京・港区にあるソフトバンク本社ビルで燃料電池発電システムが稼働したと発表した。今後はこのシステムを企業や官公庁にも売り込んでいく。

稼働したのは「ブルームエナジーサーバー」で、都市ガスやバイオガスを燃料に使用。大規模災害による停電時にも発電できるのが特徴だ。本社ビルに導入した発電機の出力規模は200キロワットで、本社の電力需要の約14%を賄うことができる。慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)でも同時に運転を始めた。

会見した孫正義社長は「このクリーンエネルギーを今後10年間、1キロワット時当たり25円で提供する」と表明、今後は企業や官公庁向けに売り込んでいく方針を明らかにした。

孫社長は「システムを買う必要はない。システムにかかるコストや変動するガス料金のリスクはわれわれが吸収して25円で提供することをコミットする」と強調した。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。