ソフトバンク、燃料電池発電スタート

1キロワット時25円で企業・官公庁へも売り込み

 6月17日、ソフトバンクなどは、同社ビルで燃料電池発電システムが稼働したと発表した。写真は孫正義社長。都内で17日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>と発電事業を手掛けるグループ企業のブルームエナジージャパンは17日、東京・港区にあるソフトバンク本社ビルで燃料電池発電システムが稼働したと発表した。今後はこのシステムを企業や官公庁にも売り込んでいく。

稼働したのは「ブルームエナジーサーバー」で、都市ガスやバイオガスを燃料に使用。大規模災害による停電時にも発電できるのが特徴だ。本社ビルに導入した発電機の出力規模は200キロワットで、本社の電力需要の約14%を賄うことができる。慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)でも同時に運転を始めた。

会見した孫正義社長は「このクリーンエネルギーを今後10年間、1キロワット時当たり25円で提供する」と表明、今後は企業や官公庁向けに売り込んでいく方針を明らかにした。

孫社長は「システムを買う必要はない。システムにかかるコストや変動するガス料金のリスクはわれわれが吸収して25円で提供することをコミットする」と強調した。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT