12月の米雇用は14万人減、8カ月ぶりに悪化 

コロナ禍で働けない人は約1580万人

昨年12月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比14万人減と、8カ月ぶりに減少に転じた。写真は2012年、ニューヨークで行われた就職フェアに並ぶ人たち(2021年 ロイター/Lucas Jackson/File Photo)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米労働省が8日に発表した2020年12月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比14万人減少し、8カ月ぶりに悪化に転じた。国内でなお猛威を振るう新型コロナウイルスにより、パンデミック(世界的大流行)禍からの回復が一時的に失速する可能性を示唆した。

市場予想は7万7000人の増加だった。前月の非農業部門雇用者数は24万5000人増から33万6000人増に上方改定された。

業種別では、娯楽・宿泊が49万8000人減少。バーやレストランなど飲食の落ち込み(37万2000人減)が響いた。教育、政府関連も縮小した。一方、小売りは12万1000人、製造は3万8000人、建設は5万1000人それぞれ増加するなど、業種によって明暗が分かれた。

店舗閉鎖などコロナ禍の影響で働けない人は約1580万人で、前月の1480万人から増加した。

失業率は6.7%と横ばい。市場予想は6.8%だった。ただ、コロナ禍で発生した「雇用されているが休職中」の人の扱いが引き続きデータのゆがみとなっている可能性がある。このゆがみがなければ、失業率は約7.3%だった。

ムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏は「米経済は今後数カ月にわたり軟調に推移するだろうが、財政支援とワクチンにより夏までには景気が上向くはずだ」と述べた。

労働参加率は0.2%ポイント低下し61.5%。女性の参加率が低下した。今回の景気後退では、女性が仕事に就く割合が高い業種への影響が大きい。

時間当たりの平均賃金の伸びは前月比0.8%と、前月の0.3%から拡大。前年同月比では5.1%伸びた。労働時間は週平均で34.7時間と、前月の34.8時間から縮小した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT