日本の近現代史をどう見るか シリーズ日本近現代史(10)岩波新書編集部編

日本の近現代史をどう見るか シリーズ日本近現代史(10)岩波新書編集部編

「シリーズ日本近現代史」の第10巻。これまで「幕末・維新」から始まり「ポスト戦後社会」までを九つの時代に分けて描いてきた本シリーズ。とりわけ、政治・経済・社会・文化の流れをたどりながら、現代へと続く日本の姿を浮き彫りにしてきた。

最終巻となる本書では、各巻の著者がそれぞれの時代を総括する。最終章では、日本近代化の幕開けから21世紀の現代までの約150年間を「通史」として学ぶことの重要性を考察。個々の事象を連鎖させながら歴史をひもとくことで、新たな発見があることと歴史を学ぶさまざまな入り口があることを提示する。

各章の末尾には、それぞれの時代を知るうえで役立つ「お薦めの五冊」も掲載。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。