プロ登山家が下山こそ重要と考える納得の理由 8000メートル峰14座登頂した竹内洋岳氏が語る

✎ 1〜 ✎ 336 ✎ 337 ✎ 338 ✎ 最新
印刷
A
A

私は登ることと下ることを分けて考えていません。ベースキャンプから1つの輪がスタートしたなら、登って頂上を通過して、ベースキャンプに下りてきたときに、自己完結の輪が閉じる。閉じたとき、頂上が輪のどの部分だったかがわかるだけの話です。登山のピークは必ずしも頂上ではなく、登頂したといえるのはベースキャンプに帰ったとき。8000メートル峰は自然とそう思わざるをえない環境で、ベースキャンプに帰り着くまで緊張は解けません。

ガッシャーブルム2峰で背骨破裂骨折

──10座目に挑んだガッシャーブルム2峰では、6900メートル付近で雪崩にのみ込まれ、背骨破裂骨折の大ケガを負われました。救助されたとき「助けなくていい」と叫んだ、という話が出てきます。

錯乱状態でそう叫んでいたと、後から聞かされました。私の登山は、自分の足で登り自分の足で下りてくることで完結する。死んでもいないのに自分の足で下りないのは、自分に課した課題からは大きく外れてしまう。それを私は受け入れることができなかった。そんな私を助けるために、これから自分自身の登山をしていく仲間たちが危険を冒すことも、絶対に望まない。あのガッシャーブルム2峰はいちばん悔いが残る山でした。

復帰後は、背骨を固定するシャフトで体の可動範囲が狭まり、折れて変形した肋骨が神経を圧迫して激痛に襲われたりと、厳しい登山が続きました。壊れた機械をだましだまし使っていく感じ。大切に14座下り切るところまで使い切らなきゃいけないという感覚が、そこから一気に高まりましたね。

──そして2012年のダウラギリで14座完全登頂を達成された。

次ページ登頂で終わる番組は作りなくなかった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT