任天堂がDSの後継機種「ニンテンドー3DS」を発表、裸眼で3D映像のゲームを実現

任天堂がDSの後継機種「ニンテンドー3DS」を発表、裸眼で3D映像のゲームを実現

任天堂は23日、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の後継機種、「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」(仮称)を、2011年3月期に発売すると発表した。

裸眼で3D(3次元)映像によるゲームができるのが最大の特徴。現在、注目を集めている3Dテレビは特殊なメガネを用いる必要があるが、3DSは裸眼で3Dを実現する。これまでのDS対応ソフトも実行できる後方互換性も維持した。

詳細は、6月にロサンゼルスで開催される世界最大級のゲームショー「E3」で発表する。
(写真は岩田聡任天堂社長 撮影:今井康一 東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。