任天堂がDSの後継機種「ニンテンドー3DS」を発表、裸眼で3D映像のゲームを実現

任天堂がDSの後継機種「ニンテンドー3DS」を発表、裸眼で3D映像のゲームを実現

任天堂は23日、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の後継機種、「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」(仮称)を、2011年3月期に発売すると発表した。

裸眼で3D(3次元)映像によるゲームができるのが最大の特徴。現在、注目を集めている3Dテレビは特殊なメガネを用いる必要があるが、3DSは裸眼で3Dを実現する。これまでのDS対応ソフトも実行できる後方互換性も維持した。

詳細は、6月にロサンゼルスで開催される世界最大級のゲームショー「E3」で発表する。
(写真は岩田聡任天堂社長 撮影:今井康一 東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。