任天堂がDSの後継機種「ニンテンドー3DS」を発表、裸眼で3D映像のゲームを実現

任天堂がDSの後継機種「ニンテンドー3DS」を発表、裸眼で3D映像のゲームを実現

任天堂は23日、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の後継機種、「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」(仮称)を、2011年3月期に発売すると発表した。

裸眼で3D(3次元)映像によるゲームができるのが最大の特徴。現在、注目を集めている3Dテレビは特殊なメガネを用いる必要があるが、3DSは裸眼で3Dを実現する。これまでのDS対応ソフトも実行できる後方互換性も維持した。

詳細は、6月にロサンゼルスで開催される世界最大級のゲームショー「E3」で発表する。
(写真は岩田聡任天堂社長 撮影:今井康一 東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT