「新型ノートvsヤリス」徹底的に比較してみた

新しさの「新型ノート」と安心感の「ヤリス」

日産自動車の星野朝子副社長は、この点を「ゼロエミッションの社会をリードしていく企業としてのビジョン」を実現するためだとする。同社は、2020年5月に発表した事業構造改革「Nissan NEXT」の中で、「2023年度までに年間100万台以上の電動化技術搭載車の販売を目指す」ことや、「日本では、電気自動車2車種とe-POWER搭載車両4車種を追加」するといった目標を掲げている。

今後のビジョンを語る日産自動車 星野朝子副社長(写真:日産自動車)

つまり、新型ノートをe-POWERオンリーにしたのは、そういった同社が目指す事業戦略の一環なのだ。では、実際の販売現場での反応はどうだろう。日産車を扱う某販売店の担当者はこう語る。

「先代のノートだけでなく、セレナにもガソリン車とe-POWERの両方が設定されていますが、どちらもe-POWERのほうが多く売れています。(新型がe-POWERのみの設定になっても)あまり大きな影響はないと思います」

さらに、「新型ノートはもっと価格が高くなるだろうと思っていたのですが、発表された価格が意外に抑えられているのには驚きました。恐らく、(メーカー側は)安いという理由でガソリン車を選ばれるお客様も考慮して、価格面でも思い切ったのではないかと思います」とかなり好意的だ。

話を聞いた11月末の時点では、まだディーラーには展示用や試乗用の現車はなかったのだが、それでもすでに新型の予約が数件入っているという。また、それら顧客の中には、先代ノートでガソリン車に乗っていて、「e-POWER車に乗り換えたい」ユーザーも多いのだという。

「新しさ」の日産、「安心感」のトヨタが明確に

以上、新型ノートとヤリスをさまざまな角度や装備で比較してみた。概していえるのは、ヤリスは先進機能も数多く採用する新しいモデルだが、その細部を見てみると、運転操作などに関わる装備などは意外にオーソドックスだ。そして、その点が、初めてこのクルマを運転した人でも違和感なく乗れる、高い「安心感」に繫がっているといえる。

対するノートは、スタイリングから装備まで、全体的に「新しさ」を追求したモデルだ。特に、第2世代のe-POWERを搭載した走りが、どのように進化したのかは気になるところ。見た目の先進性が、実際の走行性能にもうまく反映されていることに期待したい。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

近年、コンパクトカーを購入するユーザー層には、60歳以上が増えているという。そういった世代には、子供が成長するなどで、大人数が乗れる大・中型の車両が不要となり、ミニバンなどからの乗り換え組も多い。夫婦2人がゆったりと乗れて、日本の道路事情でも使い勝手がいい、より小型の車両に「ダウンサイジング」するのだ。

「新しさ」のノートと「安心感」のヤリス。高齢者をはじめ、コンパクトカーの幅広いユーザー層が、各車の性格や味付けも含め、どちらをより多く支持するのか、今後の動向に興味が尽きない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT