世界コロナ死者150万人突破、9秒ごとに1人死亡

感染者は6500万人、世界最多は米国の27.3万人

世界の新型コロナウイルス感染症による死者が150万人を突破した。週平均では9秒間に1人が亡くなるペースとなっている。シカゴの病院で1日撮影(2020年 ロイター/SHANNON STAPLETON)

[3日 ロイター] - 世界の新型コロナウイルス感染症による死者が150万人を突破した。週平均では9秒間に1人が亡くなるペースとなっている。

過去2カ月で50万人が死亡し、過去1週間は1日平均の死者が1万人を超えている。

世界の感染者数も約6500万人に達した。

米国の死者数は27万3000人を超え、世界最多。中南米の死者数も総計で45万人超。北米と中南米を合わせた死者数は世界全体の半分を超える。

米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は前日、今後数カ月が「米公衆衛生の歴史において最も困難な時期になるだろう」と予想。「2月までに米国で45万人近くの命が失われる可能性がある」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT