販売台数No.1、日産「新型ノート」の劇的進化

第2世代になった「e-POWER」でHVの覇権を狙う

グレードはF、S、Xの3種類、価格は205万4800円〜218万6800円(写真:日産自動車)

日産自動車が11月24日に「ノート」のフルモデルチェンジを発表した。2016年11月にシリーズ方式のハイブリッドシステム「e-POWER」を採用し、コンパクトカーカテゴリーで2017年から3年連続販売台数1位、さらに2018年には乗用車として車種別年間販売台数1位という日産史上初の偉業も達成したノート待望のフルモデルチェンジだ。

また、今回のフルモデルチェンジにあたり、ガソリンエンジンを廃止し、ハイブリッド車(HV)のみのラインナップとなり、12月23日に発売される。

ゼロエミッション企業の象徴として誕生した新型ノート

コンパクトカーに位置づけられるノートは、2005年に初代が誕生した。初代ノートは、一般的なハッチバックより荷室容量があり、コンパクトカー以上、ステーションワゴン未満のスポーツワゴン的な車種として新たな価値を提案した。その荷室の広さを明確に伝えるため、屋根まで伸びたテールランプが外観の特徴の1つになっており、実用性と外観の独創で人気を高めた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そして2012年に2代目へとバトンタッチし、2016年にはHVのe-POWERを追加発売した。e-POWERの採用で一躍人気車種となり、2018年には日産自動車の悲願だった乗用車販売台数1位を獲得している。これはトヨタの「プリウス」や「アクア」といったHVを抑えての首位であり、快挙といえた。

ここから日産は小型車向けHVの充実を図り、5ナンバー格ミニバンの「セレナ」をはじめ、最近では小型SUV(スポーツ多目的車)の「キックス」にもe-POWERを採用する。これらは、いずれも人気車種となっている。

現行ノートやセレナは、ガソリンエンジン車も選択肢の1つだったが、キックスと新型ノートはe-POWERのみの販売になった。

ゼロエミッションをリードする企業として電動化に取り組み、その象徴になるクルマとして新型ノートを発表する星野朝子副社長(写真:日産自動車)

競合になるトヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」はガソリンエンジン車の選択肢もあるが、その点について日産自動車の星野朝子副社長は「価格面での競争力に差が出るかもしれないが、日産自動車はゼロエミッションをリードしていく企業としてのビジョンがあり、電動化に集中する象徴として新型ノートがある。この販売を成功させ、低炭素社会の実現に貢献していきたい」と話した。

次ページe-POWERは第2世代でどう変わったか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT